トップページ> 講師・スタッフ

講師あいさつ

講師

こんにちは。 マインドフルネス瞑想療法士の中村まりです。

このたびは、マインドフルネスSIMT福岡のホームページをご覧いただきありがとうございます。

当カウンセリング所は、うつ病・不安障害等の精神疾患改善の支援と、健康な方のストレスケアを目的に開設いたしました。

私自身、幼少期から、漠然とした生き辛さや希死念慮があり、なぜ自分だけがこんなに心が弱くいつも苦しいのだろうと悩んでいました。

また、そんな内面の悩みとは裏腹に、いつも明るく元気で気が利く自分を無意識に演じており、周りから認識されている自分と内面のギャップで、 いま思えば常に心に葛藤を抱えているような状態でした。そんな学生時代を経て社会人になった私は、 自分の本音と向き合うことなく自分を偽りながら(もちろん自分を偽っているという意識はなく)生活を続けていましたが、 不規則な生活と過労をきっかけにうつ病を発症。自律神経系の症状や睡眠障害にも苦しみ、休職して心療内科で治療を受けていた時期もありました。

しかし、病院での治療やリハビリと並行し、独自に行っていた瞑想やその他の試行錯誤の取り組みの結果、うつ病を克服。 さらに、生活の中でマインドフルネス・SIMTを実践するようになると、それまで気づかなかった細かな思考や感情の流れを感じるようになりました。

それは、取り組んでいくほどに、人間関係のしがらみや長年の間にしみついた固定観念、変なプライド、その他の思考癖など、 無意識のうちに自分自身を縛っていた苦しみのもとから、解放されていくのを感じました。そうした内面の変化とともに、 周りの人との関わり方も少しずつ変化し、対人緊張や家族不和も解消していきました。 最初は、「なんとなく気持ちが落ち着くから」と始めたマインドフルネスですが、単なる趣味や流行の一つとしてではなく、 淡々と日々の生活で実践することの大切さを感じています。

このような経験をもとに、マインドフルネス・SIMTをとおして、利用者の方々の苦しみに寄り添いながら、 できる限り同じ目線に立ってレッスンを行っていきます。

各レッスンで行うSIMTの効果は、病気からの回復だけではありません。 健康な方でも、長い人生を生きていく中には、それぞれの年齢や立場・ライフイベント等に応じた精神的な負荷やストレスはつきものです。

しかし、日々の生活でSIMTを実践していると、何か試練がやってきたとき、”動揺”や”苦しみを生む感情”から少し距離を置いて、 客観的な態度で出来事に対応できることを感じるはずです。それは、劇的な生活の変化や価値観を一新して生まれ変わるということや、 学ぶだけで魔法のように素敵な自分になれるということではありません。日々の実践の積み重ねをとおして、少しだけ自分の内面が変化することで、 物事の捉え方や思考・感情の扱い方が変わり、シンプルで充実した心の使い方ができるようになるのです。

そんな、しなやかな心を、SIMTをとおして一緒に育てていきませんか。

迷路のような暗闇から抜け出したい、薬物療法を止めたい、繰り返す再発から回復したい、精神的に自立した自分でありたい、 シンプルで充実した心を手に入れたいなど。

そんなあなたのお問い合わせをお待ちしています。